2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2004.09.29

■「砂浜」はヲサレなカフェで

メガネはやりすぎ

☆21st Century Comedyさんの2004年09月22日エントリ「砂浜」佐藤雅彦を見て知ったこの一冊



砂浜
佐藤 雅彦

おすすめ平均
ふんわり気分
スタンドバイミーに通じる風景
別の視点からの物語

Amazonで詳しく見る4314009632


突然ですが、早いものでアーカイブには8つの月が並ぶようになりました。それだけ続けていると、何を書いたかすっかり忘れていることも多々。

ですので、この話は前に書いたかも…。


小学生の頃は、本を読みながら通学路をトボトボ歩く少年だったワタシですが、何時の頃からか、書籍というものを読まなくなりました。

もっぱら雑誌。そりゃ雑誌は読み倒しました。
だからこそ「月刊ムシ」を知らなかったのは衝撃だったのです。

「飽きた」とかそういうのじゃなくって、雑誌ではなく書籍を読もうと突然思いました。それは、何かの危機感からかもしれません。



だけど、読みたい本もなけりゃ、そういう生活スタイルも知りません。

一度は聞き覚えのある有名書籍をとりあえず買っても見ましたが、やっぱり読まず。ワタシの生活に“書籍”は入ってきません。




そこで考えた方法が、「形から入る本の読み方

まず何より、道具や衣装を揃える人のことを「形から入る」と言いますよね?あれです。

ちょうど、年齢的にも時代的にも
「ヲサレに物思いにふける」「知的なヲサレ」
がかっこよかったんですよね。だから、それをやろうと!


まずは、京都と言えば鴨川。
夜はカップル天国ですが、昼間は知的な雰囲気も漂っています。(場所によってはね)
そういう場所で、本を読む。


(´-`).。oO(「あぁ〜なんて知的ヲサレなんでしょう!」)


ちょっと老舗っぽいヲサレな感じのカフェに行き、
昼間っからカフェオレなぞ飲みながら、本を読む。


(´-`).。oO(「あぁ〜なんてハイソ!」)



そういう想像的「形から入る」をやったのですよ。
これは大成功。ヽ(´∀`)ノ
だんだんと書籍を読むようになったのです。

この方法、とても軟派な方法ですが、
こういう楽しみ方もあってもいいじゃないですか!

より知的にするために、ダテメガネまで買おうとしてたなんて、絶対言えない!それぐらい軟派な考えですが、


いいじゃねーか!!



失礼しました。

でもね、
読む環境も含めて楽しむって面白いと思うのですよ。(メガネはやり過ぎとしても)


ワタシが書くと軟派に聞こえますが、
「砂浜」を、鎌倉で。[カフェと雑貨と本と街さん]が書かれると、とてもヲサレでハイソな雰囲気が漂っています。

こっちです、これを楽しんで見てはいかがでしょうか?



「秋の夜長」な頃ですが、
過ぎし夏日を思い出しながら「砂浜」を読むのも、また一趣ですよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■TrackBack
「砂浜」佐藤雅彦[☆21st Century Comedyさん]
「砂浜」を、鎌倉で。[カフェと雑貨と本と街さん]
posted by KOu at 16:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■book
comment
知的でハイソでヲサレ・・ええなぁ〜。
私もそんな一時を過ごそうと新しく色鉛筆を買った日に、
カフェでスケッチなんかしてたら
人が集まってきて、うわうわ、この人、絵描いてる〜。私も描いて〜〜、いや、僕が先〜〜〜って人だかりになりました。私のハイソな時間をかえせ!しかも色鉛筆、一色紛失。ガーーーン。
Posted by きこ at 2004.09.30 09:26
■きこ さん
それは・・・集まるでしょう!!

新しく道具を買うと、大事にしたくって、環境まで大事にしたいって思いますよねー。



そんな気分なのに、なのに、なのに、一色紛失。orz
お察しいたします。
Posted by KOu at 2004.09.30 10:16
こんにちは♪

鴨川でヲサレでハイソに読書!!素敵〜♪
#ダテメガネもありです(笑)

私もたった5分程度(!!)の通学路で本を開くような本の虫な小学生でしたが、今では殆ど習慣的に寝る前のお布団か、本屋に併設されてるドトールか(買った本はすぐに読みたいタイプ(笑))、病院の待合室です_| ̄|○

本を読む雰囲気って、世界観への入り方もまたちょっと違うような気がするので、この楽しみ方、私もぜひやってみようかな♪…と思いましたが、いかんせんこんな田舎では“カフェ”を選ぶ余地は殆どないのでした_| ̄|○
Posted by ヒカル at 2004.09.30 17:30
■ヒカル さん
こにゃにゃちは、ヒカルさん。

>買った本はすぐに読みたいタイプ
それ一票!!絶対そうですよね。近くにカフェがあると入って読みたいです。ホント

うちの近所も田舎で、カフェなんぞありません。
そんな時は、自然を謳歌するんですよ!!
想像の世界は偉大です。想像力バンザイ!食いしん坊バンザイ!
Posted by KOu at 2004.09.30 18:36
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL











最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。