2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2004.09.23

■となりのアインシュタイン

マイブームゆる専門書

また[ゆる物理本]を読んだ。

となりのアインシュタイン
福江 純 , 長崎 訓子

発売日 2004/08
売り上げランキング 165,563


Amazonで詳しく見る4569632165


[ゆる物理本]とは、とてもゆるい雰囲気で読ませてくれる物理学の本。ついさっき、勝手にネーミングいたしました。

なんとなーく、ゆるーく、なだならーにマイブームです。


学生時代、理数系は嫌いじゃないけど成績は最低。
なんでそういう答えになるのか?が釈然としないと、まったく先に進めず、できないから落ち込み、挫折_| ̄|○

あぁ〜文系さ。そうさ文系さ!
覚えりゃ点とれる文系さ! (←開き直り)


「大人になると勉強がしたくなる」って言いません?
なんでやってたのか?が分からなかった学生時代。
でも今ならわかるから、興味もあるし やりたくなる。

「やれ!」って言われるとやりたくないけど、
「やらなくていい!」って言われると、やりたくなる。

そういう気持ちってないですか?
そういう気持ちを救い上げてくれる[ゆる専門書]が色々ありますよ。


この本は、そんな一冊です。


ちょっとでも興味が湧いたら「続きを読む」を押してみてください。

>>>
「なんでまた物理学なんですかっ?」



ボクも誤解していたのですよ。物理学って。
物理学の目的って

  「自然システムの解明」と
  「夢を実現する」ことなんですよね。

専門家の方が聞いたら、違うって言われるかもしれないけど…
ちょっとロマンチックでしょう!


今からまさか物理学者になる訳ではないですから、厳密な話や むつかすぃ話はあっちに置いといていいんですよね。それよりも、面白くって興味の湧く「おいしい上澄み」だけをまるっと頂戴する。

「おいしい上澄み」だけなら、夢のような話や、コロンブスの卵的な根本をひっくり返してくれるような話、壮大すぎて笑ってしまう話など、「これはコントか?」って言いたくなる絵空事がいっぱいです。

■タイムマシンをつくろう!でご紹介した本も、まさにそんな本なのです。



っで、「となりのアインシュタイン」

アインシュタインのおかげで解明できたことが、8章に分かれて紹介されています。二人の子供と物理博士、ナレーターの構成で、NHKの教育番組を見ているかのような話が展開されます。会話形式なので、とても読みやすい。

著者は「興味の入り口としての本」をかなり意識されているように思います。正確に理解してもらおうとか、覚えてもらおうとか、そういう肩に力が入った論調ではなく、なんとなく漠然でいいので、「アインシュタインがやったことはこんなに身近な話なのですよ!」っということが伝わればいいと思って書かれたのではないかと思います。

もし、そうだとしたら、この本は成功しています。

「なんで?なんで?」のナンデマンの年頃のお子様をお持ちのお父さんお母さん。そういう方にもぴったりだと思います。わかった気にさせてくれますし、そのまま受け売りでもお子さんが理解できる説明ができると思います。

なんで虹が七色なのか?聞かれたことないですか?


あえて苦言を言うなら、
ちょっと余計な言葉が多いかな。説明過多とかっていうんじゃなくって、リズムを壊すダジャレとか、盛り上がった気持ちを挫く醒めた言葉とか。
それと、やっぱ図解はほしいなぁ。
アインシュタインが空想を実験室にしていた。ということで、図解を想像してほしかったのかもしれないが、初心者にそれはつらい。自分の想像が正しいのかもわからないから。(あんなに挿絵が大きくあるから、余計に図解はほしくなるのかも)

それを差し引いたとしても、良質[ゆる物理本]だと思います。


ほかに[ゆる物理本]ありませんか?
もしご存知なら、ぜひご紹介ください!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■TrackBack
となりのアインシュタイン[MacBSの日常生活的日記さん]
posted by KOu at 18:58 | Comment(3) | TrackBack(1) | ■book
comment
こんばんは。MacBSです。
トラックバック、ありがとうございました。

「となりのアインシュタイン」、気に入っていただけたようで、良かったです。
「ゆる物理本」、また見つけたらエントリーしますね!
しばしお待ちを。(笑)
Posted by MacBS at 2004.09.23 19:34
この本面白そうですね。
僕も文系です。というより、理科系がダメだから文系と言うべきでしょうか。こういう区分けの仕方に疑問を感じなくもないのですが、まあそれはおいといて。
アインシュタイン、特に相対性理論大好きなんですよねぇ。
Posted by amerio at 2004.09.24 01:31
■MacBS さん
その見つけられた本が今日到着予定です。
楽しみ!!!

■amerio さん
同士ですねぇ!
学校で教えられていた物理(全ての学問)は、物理学者を育てるための勉強だったんですよね。

今はその必要がない!

そう気づいた時、楽しくなりました。
相対性理論、理解が困難な理論ですが、いろいろな固定概念を覆してくれるので面白いですよね!

また、新しい本を見つけたら紹介しますね。
Posted by KOu at 2004.09.25 10:49
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL


大問題!
Excerpt: 「MOO-T_blog」さんご所望の『ゆる物理本』をご紹介。 今回の本は「大問題!」というタイトル。 大問題!東京理科大学, 東理大=, 東京理科大=おすすめ平均理系じゃなくても考える力が身につく本理..
Weblog: MacBSの日常生活的日記
Tracked: 2004-09-23 20:15










最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。