2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2004.09.13

■i,Robot

ねっ(^_-)☆


先行ロードショーで『i,Robot』を見てきました。
ネタバレ話は「続き」で、見る前話を。

もし、この映画をレンタルも含めて見ようと思っているのなら、映画館で見ることをオススメします。

「オレっちの自慢のホームシアターは、そんじゃそこいらの映画館には負けねぇよ!」っていう方なら、家で見てください。

そういう映画です。(キッパリ)


この映画を知らない方の為に、あらすじを関西によくいる子供風で。
(標準語でのあらすじをご希望の方は コチラ で)

あんな、えーとな。MIBにでてた黒い方のおっちゃんいるやんか?
今度も刑事さんやねん。なんか知らんけど、ロボットのことめっちゃ嫌いやねん。

ほんでなー。なんかロボット作った博士が死なはんねん。
んでなー。おっちゃん犯人を見つけようとしはんねんけどな、
ロボット嫌いやから、ロボットが殺したんちゃうか?って疑わらはんねん。

けど、みんな「そんなんロボット三原則があるから絶対ない!」って信じはーらへんねん。

おっちゃんロボット嫌いやから「絶対ロボットや!」ちゅーて、いこじに調べはったらな、邪魔するロボットがいっぱいでてくるねん。
そのロボットなぁ〜バァ〜ンって飛んできて、バンバンバン!って打ったら、ドカ〜ン!って当たってな、ゴロゴロゴロってなったら、かっこいい車がグルグルグルってなってな〜MIBのおっちゃんがわぁ〜!!ってバババ〜ンて・・・(中略)

「やっぱりロボットがワルやんかー!」ってゆーた時には、もぉ遅くってなー街が悪いロボットでいっぱいになんねんけど、MIBのおっちゃんが、それ退治しに行かはるねん。



ってそういう話です。
分かりました?退治しにいくからって、桃太郎とはちゃいますよ。

ロボットの動きやアクションはすげ〜です。
いい意味でも悪い意味でもHollywood映画の王道。


  娯楽エンタテイメント映画としては、★★★★☆
  かっこええ映像が楽しみたいぜ!  ★★★☆☆
  映画という創造物作品としては、  ★★☆☆☆


>>>
「映画館で見てください」と言ったの、わかりますよね。
この映画から、迫力音響とCGテクを取ったら何も残らない…。

一般家庭の基本的な営みを支える「お手伝いロボット」によって、人間の根源が牛耳られる…という心理的スリラーのストーリーを予想したのですが、ぜ〜んぜん、そんなむつかすぃ話ではなかったですねぇ。

脚本はとてもどうでもいいですね。深みがないっていうか、深く複雑にする必要がないんでしょうね。
迫力演出の邪魔やから。一つの人工頭脳が反乱って、あまりにチープすぎる。これならば「Apple Seed」の方が全然良くできていました。

映像も、どっかからパクってきたような映像が多かったなぁ。
随分マトリックス似が多かったように感じました。マトリックスがこれからのアクションCG映画の基本ってことなんでしょうか?
それにしても、安直にパクッているのが大杉蓮。

でも、無駄に迫力満点にするのはさすがハリウッドって感じかな。
あんまりなーんにも考えずに、気持ちよく音響に身を任せられたかな。


ものすごく典型的なハリウッド映画を見たって感じ。
だから、映画館で見た方がいい、という意見。
この映画を映画館で見ずして、どの映画を見るっていうのか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■reference
アイ、ロボット 公式サイト
『I,Robot』 公式HP
映画の予告編
□「NS-5商品HP
NS-5のTVCM(動画)


■TrackBack
アイ,ロボット[V.J.Catkick@さん]
■I,Robot[M O O - T _ b l o g]
posted by KOu at 13:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■Kino
comment
こんにちは。
「I,ROBOT」って、アシモフの小説と
同タイトルなので、アシモフ原作なのかと
思っていましたが。内容は全然違うんですね。
CMを見る限りでは、なんだか違うかも…とは
思っていたのですが。
原作にこだわるつもりはないですが、
同タイトルなのは紛らわしいですね。
Posted by ひいら at 2004.09.13 14:38
■ひいら さん
そうなんですかぁ!あんまし気にしていなかった。でも、あんな軽い話に改良されたんでは、アシモフも怒るだろうなぁ…とは思っていましたが…。
Posted by KOu at 2004.09.13 16:50
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL











最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。