2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2005.08.11

■はてなげ銭

っなんかっ食わず嫌い

お久しいです。こにゃにゃちは。
別にお盆休みしてた訳じゃないです。単にブログの神様が降りてこなかっただけ。


さて、「はてな」で投げ銭システムってぇのが導入されました。
正にその通りで、オモロイエントリーには銭が送れるっちゅうシステムです。


「はてな」だけのことならば、わざわざ書きません。
「はてな」だけのことではないのです。
続きは↓ココから↓

はてなブックマーク > ヘルプ > はてなポイントを贈るから:
はてなダイアリー以外のウェブサイトでポイントを受け取るには?
はてなダイアリーをご利用の方は特別な作業を必要とせずに、はてなポイントを受け取ることが可能です。それ以外のウェブサイトを運営の方でも以下の手順に従ってはてなのアカウント名をウェブサイトの HTML に埋め込むことで、ポイントを受け取ることができます。

jkondoの日記 - ブログ作者に投げ銭をから:
投げ銭を実現するために策定したAccount Auto-Discoveryの仕様は、はてな内に留まらずどのブログでも対応可能な仕様になるよう作りました。はてなポイントだけでなく、他の決済インフラを持った事業者も参加可能な仕様になっています。

単にはてな内での互助的なポイントのやり取りだけでなく、広くブログ世界に浸透し、やがてはブログ作者の生活を変えるような仕組みになることを願います。
ってなわけで、投げ銭システム標準仕様となるよう設計されているようなのです。

「はてな」を中心に、早くも賛否意見が立ち始め、総選挙ネタと合わせてブログ界の流行ネタになっているっぽいという事らしいかも?


ボクはどうも「はてな」が好きになれず、食わず嫌いが続いています。食わず嫌いの理不尽な理由なので全然説得力がないのですが、なんとなくデザインや使い勝手より技術が優先されている印象を持っています。食わず嫌いですが。

食わず嫌いのリハビリとして、「はてな」の偉い人らしい近藤淳也氏のブログ『jkondoの日記』を毎日楽しみに読んでいます。
ここにはとても食わず嫌いになれない、とても共感できる内容、タメになる考えが書かれています。そして新しい試みについての考えも、凄く納得がいくのです。
びっくりしたのは、NHKの深澤直人氏特集を見ておられたらしく、そこでのノウハウを実践されていると。近藤氏も凄く共感したっぽいんですよね。だから、考えが合わない訳がないって思うのです。


だけど、食わず嫌い。全然直りません。
どこで、どうあの結果になったのか?さっぱりわかりません。


例えば・・・この「投げ銭」システム。
手数料を5%取られるのです。

これが判らない。近藤氏の投げ銭開発の考え方が日記に書かれているのですが、ここの内容はもの凄く共感するのです。ってかすごいなぁとも思う。

なのに、なんで手数料5%なんでしょうか?

綺麗事並べたって所詮は商売ですよ。手数料も取りますがな、がはは。
って言うような人には思えないんですよね、日記読んでいると。
どころか、Googleのようなスゲー技術を無料で使わせるのに、一方で商売もしっかりやっている。っていうITらしい商売がはは。を理解どころか発明できる人って思えるんですよ。

なのに、手数料ですわ、これ。


「一番大事!」といつも言い続けているのに、
結局はそれが最も感じないっていうオチ。


これが一番例として判り易いかなぁって思ったので挙げてみましたが、ほかにもコメント欄の感じとか、そろそろ「はてな」ってネーミングはどうなの?とか、もの凄く感覚的な要素が全然受け入れられない。

日記で書かれていることは、とても人間的な感覚を大切にされている話が多く、深澤氏のノウハウも最も重要なエッセンスがそういう感覚なのに、なんで出来上がるとアレなんでしょう?


はてな?




まぁ、末端ではてな外野のボクの言うことなんて、どうでもいい話なんですけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■reference
はてなブックマーク > ヘルプ > はてなポイントを贈る
はてな各サービスの機能変更、お知らせなど - はてなプレスリリース - はてな、はてなポイント送信機能を強化

■TrackBack
■ブログ作者に投げ銭を[jkondoの日記 さん]
手数料5% はてなブックマークのポイント送信機能(投げ銭)について[echoplexさん]
↑手数料について、ここに面白い矛盾点が書かれています。
posted by KOu at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■I think
comment
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5803305










最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。