2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2005.07.28

■ガイドキャスティング

イットベンチャーさん必見のアイデア?

PodCastingって話題になってますね。
日本じゃいまいちっって感じだけど、海外ではそこそこなんでしょう?よぉ知らんけど。


ケロログ

↑日本ではここが有名なのかな?

TODAY'S WINDS Monday

↑ここ、関西FM局「FM COCORO」のDJさんがやっているPodCastingなんだけど、料理の作り方PodCastingなんね。
作ったことはないけど、こういうの聞くとなんか可能性があるなぁって感じがする。

やってみたいなぁって感じの。
デキ妻軍」もこれからはこれかもよ?→まうちん


続きは↓ココから↓


っでね、うちも考えてみた。やんないけど。
誰かパクっていってよ。パクっと。
こんなベタなネタ、既にやられてるかも?
そんな情報知ってたら、PLSぷりーず願い。

名づけて
『ガイドキャスティング 〜誰でもガイド』

博物館とか美術館とか行くとありますよね?ヴォイスガイドって。
学芸員の解説音声が入ったプレイヤーを貸してくれて、
それ聞きながら展示物を見るってぇの。

あれの街歩き版です。

ポイントは、
折角blog形式なんだから、一人が作成していくのでもいいんだけど、トラックバックセンターのような集める場所を用意して、
個人からガイド音声を集めるわけよ。

同じ街や観光名所でも、
解説内容が違えば、ぜんぜん違う楽しみ方ができるんじゃない?


イメージしている音声はこんな感じ…

まずスタート地点を指定しておいて、そこに到着したら音声再生!
まずは挨拶か?つかみネタも入れてもらって、ワクワクさせる。

次のガイド場所までの移動方法を解説。
○○行きのバスに乗りましょう!みたいな。

んで、到着したらまた再生。
ガイドが始まる。ガイド聞きながら周遊散歩。
「そろそろ右手にダンゴ屋が見えるでしょう!ここのダンゴはウマいよ!」みたいなのが入ってたらいいなぁ。

んで、次の場所に移動 →繰り返し続く・・・

一箇所毎にしてもいいし、一日コースでもいい。
製作者オススメの楽しみ方とコースが判るといいなぁ。

「るるぶ」なんかのガイド本に載っている情報なんていらない。
観光客向けもいいけど、あえて地元人向けに作るとか、「右に見えるあの看板、どこかおかしくない?」みたいなVOWネタでもいいかも。

ある意味見仏記(みうらじゅん&いとうせいこう)のpodCasting版ってぇのが、理想かもしれない。

blogがマスコミからしか情報が無かった状態を壊したように、
ガイド本以外の情報入手の仕方が確立したら、面白いのになぁ。

つーか、どっかの若きイットベンチャーさん。
やってみーひん?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■reference
見仏記
見仏記
  • 発売元: 角川書店
  • 価格: ¥ 672
  • 発売日: 1997/06
  • 売上ランキング: 8,028
  • おすすめ度 4.71

posted by KOu at 17:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■I think
comment
そこでマウチのアニメ声が生かされる訳ですよ。
フフフン。

…ってやるのか?
Posted by march at 2005.07.29 11:07
■マウチ
アニメ声でアキバ紹介。

そして最後にこう言い放つ。



「キモいんじゃ〜われ〜」(←デスメタル声で)

これは売れるぞ〜〜〜っMさんとかSさんとか大絶賛。

そこのイットベンチャー若者。ひとついかが?
Posted by KOu at 2005.07.29 12:06
僕はポッドキャスト造ろうと思ってます(って言うか既にやり始めてる)ますよ。
まだ、どうすれば受けるか、みんな暗中模索って感じ。一番分かりやすいのは音楽配信っすね、日本では。

これはいい企画ですね。KOuさんやればいいのに(笑)。僕がパクれたらパクリます。
Posted by だい at 2005.07.29 18:34
ええこえ〜〜〜〜っじゃないんですよ。
べしゃりも自信ねーし。

ほんまは歌手とかがすれば一番いいんですよね。「私が普段遊んでいる街紹介!うふっ」みたいな。移動中は勿論その人の曲とか、今気に入っている曲なんかが流れる。

これが実現すると、ニタニタ笑うヘッドフォン付きドルヲタが増えるんだろうなぁ。
Posted by KOu at 2005.07.29 19:41
関東平野のど真ん中のド田舎ならいかようにでも歩いて解説する自信があるんですけどね。

ただ売りがまったくないのが難点かなぁ。
地震のほぼ震源でもあんまりゆれないタフな地盤もあるだけど。
Posted by かげまる at 2005.07.29 21:09
視点を変えることで、どこでも面白くなる可能性がありそうな気がするんですよね。
そのあたりの勘とセンスの良い人がやってくれると…面白そうなんだけどなぁ。


って自分がやらないのに、なんですが。
Posted by KOu at 2005.08.01 00:27
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL











最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。