2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2005.06.24

■バソパク独断感想(4)

総天然色カラー飛び出す!


↑実は記念撮影ポイントなロングJapan日本館の表札


ではでは、これからは印象に残っているパビリオンの感想。
ネタバレしない内容で
、これから行く人が読んで参考になる内容にしたいと思います。

基本ネタバレは「続き」で。


■なが〜ぃくてNippon館

「日本の経験、“20世紀の豊かさから21世紀の豊かさへ”」をテーマに、人と自然とのつながりを取り戻すことの大切さを呼びかけます。
世界初の360度全天球型映像システムが目玉のこのパビリオン。こんなテーマがありますが、映像の技術力に圧巻され、テーマを感じているどころじゃありません。

日本ってやっぱ凄く急成長し、今なお世界TOPレベルの技術力を持った国なんだなぁ…というのが、まじまじと感じられます。

オススメ注目ポイントは、
・世界初の360度全天球型映像システム
・その前の待ち時間埋め合わせに見せられる裸眼飛び出す3D映像
・動く歩道で強制的に流し見させられる、日本の60年を振り返り
・最後の方にある淡水魚と海水魚が共存する水槽

特に「裸眼飛び出3Dす映像」はむちゃくちゃ凄いです。
個人的にはこれが一番すごいんじゃないかと思います。

バソパク開場内の数箇所で飛び出す3D映像は見られます。
が、どれも特殊メガネをかけないと飛び出しません。

それとは技術力が全然違います。なんせ裸眼(なーんもなしで、普通に見て)なのです。
映像も見やすかったし、質もよかった。

おいおい、こっちの方が360度映像よりすごいじゃないかっ!
って感じ。


あと、360度全天球型映像システムのオススメ立ち位置は、
入って左側通路側の橋の中央。
視界に映像以外のものが見えない状況で見てください。
「あれ?これ映像だったっけ?」ときっと錯覚するぐらい、すげーです。

動く歩道は、お父ちゃんのダラダラ長い昔話を聞かされる予感。
すかさずカットしましょう。

地味ですが、水槽は( ´_ゝ`)「ふーん」って感じです。



そして、これはネタバレ話はなし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■reference
サイバー日本館
バソパク公式サイト
posted by KOu at 17:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■other
comment
万博なんて行けないし、興味なかったけど、KOuさんのレビュー読んで、めっちゃ悔しい思いしてます。行きたいのに行けない!!!すごいいろいろな面で勉強になってインスピレーションも受けそう。
Posted by きこ at 2005.06.27 13:14
■きこさん
正味、地球環境とか自然をどうのとか、そういうメッセージはあまり感じられません…。ちょっと白々しいっていうか、取って付けた感はあるかと…。

だけど、テクノロジーヲタ系には面白い。
3Dスゲー
Posted by KOu at 2005.06.28 12:41
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4591106










最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。