2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2005.05.23

■ダダ

ダダ成人

dada.jpgダダ評論家、ダダイズムニストKOuです。

週末は絶好のダダ鑑賞日ですね。
大型スーパーに行けば、良質のダダがタダで鑑賞できます。

ダダガタダ
タダダダ( ´,_ゝ`)プッ

続きは↓ココから↓


こないだ日曜日、久しぶりのダダ名言を耳にしました。
サンプル年齢:(推定)3ちゃい
サンプル性別:おんなの子
ダダベクトル先:(推定)ママ
採取場所:お菓子売り場(食玩コーナー)


採取詳細:
買ってもらえない不満をママにぶつける。(ダダ第一段階)
なだめる為にママにおんぶされる。
おんぶされながら、「買って!」「買わない」の大議論。

あげくに、ママしばかれる。
ママ負けじと、しばき返す。

…といった状況で、ダダ名言が発せられた。


「おに〜っ」


採取者評論:
推定3ちゃいにして、既に真珠様を超える一言。
愛娘から鬼嫁呼ばわれされるとは、まさかママも思わない。

ちなみにママは、鬼は鬼でも、カミナリ様(高木ブー)でした。



・・・とまぁ、月曜日はこんな軽いネタからw




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※補足
ダダは一定年齢に達したお子様にとって、
とても大切な、“社会”と“母”とのコミュニケーション学習です。
周りに居られる方は、決して「うるさいなぁ」と思わず、温かい目で見守ってあげてください。

ただ単に騒がしくはしゃぐクソガキとダダは似て非なるものです。

■TrackBack
世界の中心で「○んこー!」と叫ぶ。[* ツキノウラガワさん]

↑どこがトラバなんだって?そりゃ、あれじゃん。ショッピングセンター行くと日常生活とは異質の生物が見られるなぁ…っていう、まぁそういう感じ。(終わり方を真似したかっただけでは決してありません、決して…絶対…)
posted by KOu at 17:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■other
comment
一瞬、本当にダダ星人の論評をやるのかと思いましたが、最後まで読んで納得しました(笑)。

親の方も子供のダダに対抗できるようにしないといけないので、自然と成長すると友人が言っておりました。確かに、そうかも知れないです。

そんなおいらはまだ独身・・・(遠い目)
Posted by だい at 2005.05.23 23:00
駄々をこねない優等生を演じてると。。。
カバチみたいに誰にも甘えられなくなるので要注意!

(でも。。。明るく強く生きるのさ)
Posted by カバチタレ at 2005.05.24 00:33
> おに〜っ
すごい勢いで吹いちゃったじゃないですかw
謝罪と賠償を(ry

ちょっと前に買ってもらえなくて、お菓子売り場から
おそらくレジ通って出口まで、泣き声を響かせていた
お子ちゃまに遭遇したことがありますw
コドモの執念ってすごいよねぇ。。。
Posted by 朔夜 at 2005.05.24 11:25
■だい さん
本当にダダ星人評論すると、とても長くなってしまうので…^^;

うちも子供がいないので、タマに見るダダを呑気に見ていられるのでしょう。
あんなのが毎日続くと思うと・・・

■カバチタレさん
あははWW
地面にへばりつき、母の足にまとわり付き、同年齢の子供にも白い目で見られながらも、
自分の欲望を達成するためなら、どんなことでもやろうとするその努力とやる気。

甘えるという行為は、相当の信頼感と安心感がないとできない行為なのかもしれない。彼らには母以外見えていないですから^^;

っと彼らダダ星人たちを見ていると思います。


■朔夜 さん
あ〜っ、2トラバぐらいでご勘弁を〜 ^^

「おに〜っ」と言った女の子、かわいい顔していたのですよ(母と似ず…ボソ)ホント。
なので、余計にそのギャップに驚いてしまいましたねぇ〜。

色々な意味で、末恐ろしい子です。
Posted by KOu at 2005.05.24 17:20
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL











最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。