2006.02.07をもってこのblogは引越しいたしました。
新blogURL : http://moo-t.net/
こちらではコメント&トラバを受け付けておりません。
お手数ですが、新blogにお越しくださいませ。

2004.04.10

■常識の大量生産

どろ生活@どろーず2号さんのところで、面白い記事があったので、トラバ

TVが作る「現在の常識〜毛の場合編〜」っていう内容なのですが、
毛と偶像から「現在の常識」を見つける視点って面白いですね。

三十路世代のワタシャにとっては、
男性が眉毛剃りは「変な奴」だったのですが、
今の二十代以降には常識化していますよね〜。

典型的な話は
「高校球児の眉毛が剃られてて、びっくりした!」て話。
思たことありません?


親戚に、眉毛剃り第一世代の子がいるんですが、
「あんたーワタシの眉毛剃りかみそり勝手につかわんとって!」
って母親に怒られている姿をみて、

「オトコが眉毛剃るって!!あはははっ、まゆげ〜っ(≧∇≦)」

って大笑いした覚えがあるのですが、
それが常識になるとは・・・とほほ。


しかしTVの影響力は絶大で、TVの人に毛が無ければそれが半分常識化して、実社会の人達にも無いのが普通という認識を与え、あると何だか恥ずかしい気がするという考えになってしまうのが結構恐ろしいです。


これおもしろいですね〜ぇ。

元来、「表現世界」と「現実世界」は別のもの
という割り切りが自覚されていたと思うのです。
子供の頃、よく親に言われました「あれはTVや!」って。

TVと現実は違うと誰もが思っていたから、
「表現世界」の常識は「現実世界」の常識には成りえなかった

しかし今は、
「表現世界」と「現実世界」の差を無くすことがウけている。

典型は「モーニング娘。」

その結果、
「表現世界」の常識が「現実世界」の常識だと
勘違いする人が増えてしまったのかなぁっと。

逆かもしれません。

その現象の顕著な例が、
「オトコの眉毛剃りの常識化」なのかなぁ・・・って。

これとは別問題として
「美的感覚の変化」という捕らえ方もあるとは思います。
けど、その変化のきっかけは間違いなく
2号さんの言われるとおり、TVが作った常識ですね。


マスコミの方がもし、
「わたしたちは常識を作っている」と思っているとしたならば、
それは元来「大きなオゴリ」だと思います。

しかし、現実としてTVが常識を作るほどの影響力がある今では、
逆に「わたしたちは常識を作っている」と自覚してほしいものです。
TVがつくった常識を、考えもせずに受け入れ、
そうではない意見を持った人に対し「非常識」と言われるのは
もっと怖い現象です。

「新しい常識」を大量生産する番組が受けています。
posted by KOu at 12:16 | Comment(7) | TrackBack(0) | ■TV/CM
comment
 こんにちは。
 全く同感です。常識の世界はものすごいスピードで変化していると思います。その媒介はマスコミ、特に電波で音声、映像を瞬時に伝えるTVという化け物。
 彼らが常識的なことを守ろうとしているのか、覆そうとしているのか、方針は分りません。しかし、結果は自ずから出てきますよね。
 もっと言えば、マスコミスタッフは「知る権利」とよく言います。しかし、流した情報の管理(流すべき情報と流さない情報の選別)をマスコミに一任するとどうでしょう。例えば田中真紀子さん長女事件にみられるように一旦記事になってしまうと制御が利かない(これは行政発表が絡んでいるかは知りませんが)。ならば出さない方が、本人を守る事が出来る。

 とりとめもない文で申し訳ありません。マスコミに制御をかける、マスコミ外の人で構成する、有識者なんて建前を出すような人を除く、一般市民による組織が必要だと思います。
Posted by Mr.FORD at 2004.04.10 13:36
はじめまして。トラックバックありがとうございました。
更に凄く記事を展開して頂きまして。自分は書いた位の事しか考えていなかったので、なんだか恐縮です。

>TVがつくった常識を、考えもせずに受け入れ、
>そうではない意見を持った人に対し「非常識」と言われるのは
>もっと怖い現象です。

個人的にはここに凄く反応しました。
正直ここまでは考えていなかったのですが、これはその通りだと思います。
世間がそうなってしまった以上、ある程度の理解は必要ですし、合わせる必要もあるとは思いますが
意見が違う人を極端に嫌悪するような世の中になってしまわない事を祈りたいです。
Posted by 2号 at 2004.04.10 19:37
コメントThanks!です。

週間文春の一件では「偏った常識」が顕著に露呈したと感じています。ボクが見た限りのマスコミの反応は「表現の自由」を守ることばかりで、一度目の裁判所への反応を「常識人のまともな反応」と捕らえなくてはいけないという押し付けをとても感じました。
でも本当にそうなのかどうかに疑問を感じています。
あまりに偏った情報しか流されていなかったことないですか?なので、正しい判断ができないと思いました。真紀子さん側(特に記事に取り上げられた本人)からの情報が少なすぎます。

「情報が溢れている」と言われますが、全てにおいてそうではありません。
今も昔も、行動をしないと情報は得られない状態は変わってはいないのに、TVやマスコミさえチェックしていれば、全てのことを知ったかのようになってしまうこの状態は、ある意味昔より危険な「思想制限」をされているのかもしれません。
Posted by KOu at 2004.04.12 12:04
もーにんぐむすめ。は”自分のクラスにもいそうな可愛いコ”を選んでるって聞いたことあります。ただそんだけ。
 
私も最近自分の眉毛が気になります。手入れてしまいました。そんな25才。
まだまだお年頃?
Posted by blue at 2004.04.12 14:11
こんにちは。

 そうですね、与えられた、受身の情報だけが全てではないですよね。本当の情報は、自ら集めなくてはいけないって、同感です。
Posted by Mr.FORD at 2004.04.12 14:34
>blueさん
そうそう、そうなんですよね〜。デビュー当時は今より「普通の子」でしたよね。今は全然スレテる感じがします。(これは今の普通があのような子たちなのかもしれません。)
眉毛って気にしたらダメですよ。眉毛っていう存在自体がヘンなものなのですから。あんなに主張した眉毛をもった動物って人間ぐらいなものでしょう?
あれ?変なこと気づいてしまった。
ってことは眉毛にこだわりを持つことが人間に与えられた特権か?

>Mr.FORDさん
その考えとblogって相性がいいと思っています。blogが増えることで「いやまてよ?」を行う人が増えるといいなぁと思います。
Posted by KOu at 2004.04.12 17:19
今気づいたのですが・・・

blueさんのコメントで
記念すべき100コメント目でした!!!

ヽ(´∀`)ノ   ヤタ〜!
Posted by KOu at 2004.04.13 10:12
comment
name :
url :

comment :
TrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/102132










最後まで読んでくれてありがとう!
そんなあなただけに、KOuからのとっておきトリビア!


トリビア司会者の後ろにある水槽の商品名は「アクアティックビジョンシステム」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。